マンガMIX

コミックの紹介などするブログ

『咲いたコスモス コスモス咲いた』1巻感想。ヤンマガで『放課後ミンコフスキー』を描かれていた帯屋ミドリ先生の新作で、やわらかスピリッツにて連載中の作品。東大進学を目指す秀才のタムラくんと、彼と一緒に受験勉強するミシマさんとの受験勉強をテーマにしたコメディ漫画です。

続きを読む

『古見さんは、コミュ症です。』53話は名前呼びがテーマ。古見さんは、只野くんがなじみのことを「なじみ」と親しげに呼ぶ姿を見て自分も只野くんに名前で呼んでほしくなる。因みに古見さんの名前は硝子(しょうこ)、只野くんは仁人(ひとひと)って名前。只野くんって漢字での字面、特命係長みたいなんやね(笑)

続きを読む

終末のハーレム2巻感想。MKウイルスによってこの世の男性のほとんどが死滅した世界。細胞硬化症を患ってコールドスリープした5人の男以外は地上で活動できず、5人の内2番目に目覚めた医大生・水原怜人は人類滅亡を回避するため子孫を残すメイティング(種付け)をUW日本支部の担当官である周防から求められる。
しかし、幼馴染で想い人である絵里沙への思いからメイティングを拒否。医大生であった経験を活かしMKウイルスの特効薬を開発すべく動き出すというお話。
2巻の途中からは怜人の視点から、3番目に目覚めた男・土井(ドジイ)を中心とした話に移っていきます。

続きを読む

『だがしかし』ほたるさんが帰ってきた!前回124かしの最後で、久々に登場した枝垂ほたるさん。可愛いヒロインはほかにサヤ師がいるが、やっぱり彼女が出るとテンションが上がるというか作品の雰囲気がガラッと変わるね。最近は駄菓子ネタが尽き気味とは言え『だがしかし』は駄菓子の漫画なので、駄菓子を熱く語る彼女の存在は不可欠。

続きを読む

『ULTRAMAN』9巻感想。9巻ではニューヨークで事件に巻き込まれた日本人カメラマン「東光太郎(ヒガシコウタロウ)」を中心にアメリカ・NYを舞台に新展開に。光太郎は表紙イラストのイメージと名前から分かるように「ウルトラマンタロウ」をイメージしたキャラクター。

続きを読む

嵩乃朔先生の『吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん』が電撃G'sコミックにて連載決定。『マーメイド・ラヴァーズ』を描かれている吉岡榊先生が、嵩乃朔(たかの さく)名義でツイッターに公開されている吸血鬼百合漫画の連載化で来年からスタートするそうです(具体的な連載開始時期はまだ未発表)。

続きを読む

『ファイアパンチ』34話を読んだ。ベヘムドルグに薪として囚われていた人々を助けるも、死刑囚たちとの激しい戦いによりベヘムドルグに住む多くの人々の命を図らずも奪ってしまったアグニ。自責の念と彼を神と崇める人たちのために彼のとった行動はマジでアンパンマンみたいでヤバかった。

続きを読む

『終末のハーレム』は怜人視点が中心だったのが、第3の男ドジイくんが目覚めてからは彼中心の話になっています。これがちょっと鬱な展開の連続で、これまで期待していたセクシーなシーンが少なくなったというかほとんどない状態になってました。

続きを読む

『ちーこばすけっと!』1巻感想。イラストレーターの米白粕(こめしろ かす)先生がコミックキューンにて連載されている4コマ漫画でこれが米白先生の初単行本。ちーこばすけっと!はバスケットのタイトル通り、女子バスケットボール部を舞台にした作品でゆるふわな部活物です。

続きを読む

↑このページのトップヘ