マンガMIX

コミックの紹介などするブログ

「姉ログ」の田口ケンジ先生の新作『汚物は消毒です』が、ウェブ漫画サイトのサンデーうぇぶりで連載開始されたので読んでみた。これはその感想。
サンデーうぇぶりでの紹介文は「掃除好きの女子高生、ましろと、ズボラな男子高校生、司。真逆な性格の二人が掃除を通じて、互いを知り、距離を縮めていく…」お掃除ラブコメとのことですが…

続きを読む

『めしにしましょう』1巻感想。『めしにしましょう』は小林銅蟲先生がイブニングで連載されている「限りなくノンフィクションに近いフィクション」飯漫画。
小林銅蟲先生はネットで話題になった『寿司 虚空編』を描かれている漫画家さんで、『累』の松浦だるま先生のチーフアシスタントもされています。
なのでこの漫画に登場する「青梅川おめが」は小林先生、「广 大脳子(まだれ だいのうこ)」が松浦先生がモデルで累の仕事場が舞台となっています。

続きを読む

『北陸とらいあんぐる』1巻感想。ちさこ先生がコミックフラッパーで連載されている北陸ネタ満載の学園コメディです。
ちさこ先生は「ダークチェリーと少女A」「わがままミルフィーユ」といった主に百合系の漫画で活躍されている方で、ご自身も石川県金沢市出身とのこと。

続きを読む

文句の付けようがないラブコメ表紙

『文句の付けようがないラブコメ』1巻感想。同名のライトノベルのコミック版で、原作小説のイラスト担当である肋兵器先生によって漫画化されとなりのヤングジャンプで連載中。
この作品は単なるコミカライズかと思ってたんですが、そうではなく原作の鈴木大輔先生が漫画用にシナリオを書き下ろされており、原作とはちょっと異なる設定だったりストーリー展開も違うらしいです。自分は原作小説を読んでいないので比較しようがないですが面白い試みだなと。

続きを読む

『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』1巻感想。新島秋一先生が自身のツイッターでアップされた4コマが話題になり、その後チャンピオンクロスにてウェブ連載がスタートした4コマ漫画。
博多から東京に引っ越してきた福岡育ちの博多弁少女「博多乃どん子」が主人公で、福岡あるあるネタが満載された内容。

続きを読む

『淫らな青ちゃんは勉強ができない』2巻感想。官能小説家の父にアオカンを由来とする青と名付けられ、偏った性知識を教えられて育った少女の妄想ラブコメディの2巻。1巻の終盤で幼なじみの肉食系女子・雅ちゃんと木嶋くんがラブホ前でキス、そしてラブホの中に入っていく姿を目撃してしまった青ちゃん。

続きを読む

先週の『ファイアパンチ』の引きが急展開だったので今週はどうなるのだろうとジャンプ+見てみたら、ファイアパンチ載ってなくて代わりに同作品の作者である藤本タツキ先生の特別読み切り『シカク』が載ってたのでその感想。数年前に発表された読み切りの再掲みたい。


続きを読む

大ヒットしている劇場アニメ『聲の形』で知られる漫画家・大今良時先生の新連載『不滅のあなたへ』が、9日に発売された週刊少年マガジン50号で連載スタート。第1話を読んだのでその感想を。物語に触れてますのでネタバレ注意で。

続きを読む

『空挺ドラゴンズ』1巻感想。『とっかぶ』の桑原太矩先生がgood!アフタヌーンで連載されている漫画。空に龍がいる世界で、龍(おろち)捕りを生業としている捕龍船『クィン・ザザ号』の乗組員たちの冒険を描いたグルメファンタジーです。

続きを読む

『悪魔のメムメムちゃん』1巻感想。四谷啓太郎先生がジャンププラスにてウェブ連載されているポンコツ悪魔を描いたコメディ。読切版が好評だっためこの夏から連載スタートした作品です。自分は1話を読んだときからジャンププラスの中ではお気に入りの作品になったので思ってたよりも早く単行本化されたのは嬉しかったです。
お話はアパートで一人暮らしをしている小日向くんのもとに夜な夜なその魂を狙って悪魔のメムメムちゃんが訪れるというのが基本(途中から昼間でもいるけどw)。

続きを読む

↑このページのトップヘ