『副会長ガンバル。』感想。ReDrop先生がヤングマガジンサードにて連載されていた副会長・白木芽衣子が主役の『監獄学園』スピンオフ。
監獄学園の人気キャラである副会長が主人公であり、キヨシやアンドレなど男子生徒は出てきません(ガクトはちょっとだけ出て来る)。あとこの漫画の最大の特徴はセリフがないサイレント漫画であることです。

副会長補習する

基本的に副会長が何かを頑張り身体中から汗を吹き出すというセクシーなギャグ漫画です。副会長が勉強をしたり、懸垂の記録に挑んだり、会長のためにお弁当を手作りしたりと様々なシチュエーションで副会長が頑張る様が描かれています(何やっても汗だくっていうw)。

副会長注射する

特にセクシーだったのが、健康診断の採血での注射されるシーン。注射が苦手なのか針をさされる前からかなり緊張し、血を採られている時には凄いことに。採血が終わって去った後の惨状もすごかったですが(笑)。

以上が『副会長ガンバル。』感想でした。物足りなかった点は、基本的に副会長が頑張るのがテーマなので会長などの他キャラクターとの絡みが少なかったところ。あとは男子キャラをいたぶるドSなシーンも欲しかったかなあ(まあそこは本編で楽しめばいいんですが)。
ReDrop先生が描かれる副会長も良かったです。セクシーで汗だくでバカバカしくって副会長好きには大変楽しめました。