『ゴブリンスレイヤー』1巻感想。原作・蝸牛くも先生、作画担当が黒瀬浩介先生で、ビッグガンガン及びガンガンオンラインにて連載中の漫画。2chのやる夫スレ作品をもとにしたライトノベルのコミカライズ版です。
RPGなどファンタジー世界では雑魚モンスターとして描かれるイメージなゴブリンと、冒険者としては上位者にランク付けされながらもゴブリンを狩ることのみに固執したゴブリンスレイヤーを描くダークファンタジー作品です。

情け容赦ないモンスター

ゴブリンといえばロールプレイングゲームでは最初に出てくる雑魚モンスターというイメージですが、この作品では非常に残虐なイメージで描かれています。
単体では弱いが徒党を組み尚且つ罠を仕掛けてくるんでかなり手強い。しかしこのお話の世界では熟練の冒険者はゴブリンを全く相手にせずもっと報酬の高い依頼しか受けてくれないという事情もあり、ゴブリン退治は経験の乏しい冒険の初心者たちの仕事になっている。そのため彼らはゴブリンの格好の餌食に。

ゴブリン

ゴブリン一匹の能力は他のモンスターに比べればずっと低く弱いといえる。しかし人間の子供並みには頭が回るので暗い洞窟の地の理を活かしたり、刃物に猛毒を塗り込めるなど舐めてかかると大変なことになる。まあゲームでのように真っ向勝負ではなく命がかかているから当然ではあるが。

パーティほぼ全滅

ゴブリンをあなどった結果、女神官以外はほぼ全滅。絶望感が半端ない。ここらへんの描写が凄まじく、別の女パーティは犯され尽くしたあげくなぶり殺しにされるなど凄惨だった。

ゴブリン狩りのエキスパート

この物語の主人公は『ゴブリンスレイヤー』。何かを退治するスレイヤーといえばドラゴンスレイヤーやニンジャスレイヤー=サンが有名で、その名の通りゴブリンを狩るもの。『人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ』と幼きゴブリンでさえもためらうことなく殺戮する。

ゴブリンスレイヤー

在野の冒険者の中では実質的なトップランクに位置づけられている銀等級の冒険者でありながらゴブリンにしか興味をしめさないことと不気味な外見から雑魚狩り専と馬鹿にされているが戦闘力はかなりのもの。あと作品の特徴としてキャラクター名は出てこず、主に職業が名前代わりとなっている。原作読んでないですが登場人物の数もそれほど多くはないかと。

人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリン
狂戦士

幼き日に実の姉が蹂躙される様を隠れて見ていたことがゴブリンスレイヤーの行動の強い理由となっている。憎きゴブリンを狩っていく姿はまさに狂戦士。

終わりに

『ゴブリンスレイヤー』1巻の感想でした。蹂躙される少女たちやバイオレンスなシーンの連続。そして主人公であるゴブリンスレイヤーの果てることのない戦いを想像するとあまり読後感はよろしくない。
なのでエログロが苦手な方にはおすすめできる作品ではありません。自分はベルセルクのようなハードなダークファンタジー作品も好きなので面白く読めましたが、これは人を選ぶ作品かと。