B01EHTJ8QG

『老女的少女ひなたちゃん』2巻感想。88歳のおばあちゃんが転生し前世の記憶を保ったまま少女して生きていくコメディの第2巻。
今巻では孫に会いたい衝動を抑えられなくなったひなたがチャリで孫のサダヲに会いに行く切ない話に、表紙絵に描かれているように幼稚園の卒園が描かれています。

「88と6回目の夏が来る」。 88歳のおばあちゃんの記憶を持ったまま、生まれ変わった幼稚園児・ひなたちゃん。「自分は一体何の為に生まれ変わったのか?」。その答えを探すため、ひなたは補助輪付自転車で小さな旅に出る!! おばあちゃんの知恵袋も増増! もうひとりの転生少女・咲夜ちゃんの秘密も…。大ブレイク★ 話題のノスタルジック・めんこい・コメディほんわか&ドキドキの第2巻♪

久しぶりに花火を見て孫との約束を思い出したひなたは、孫のサダヲに会いたいという衝動に駆られ補助輪付きのチャリで会いに出かける。道のりの果てに6年ぶりに前世の我が家に帰ったひなたを待っていたのは引っ越して誰もいなくなった荒れ果てた家だけだった。

変わり果てた我が家

売家となった前世での我が家
6年という時の流れが切ない。弁当を持って喜び勇んで出かけていてこれだから落差がでかく、寂れた家の中で寂しそうにおにぎりを食べるひなたの姿がまた切ない。しかしね、彼女には今の家族がいた。遅くなっても変えてこない娘を探して心配したお母さんの姿と、お母さんに叱られたことで前世に区切りをつけ今を生きていくことを決めます。

ひなたと同じく前世の記憶を持って転生した咲夜ちゃんも行方不明に。ひなたと同じように前世で縁のある人物を探して歩きまわり疲れて動けなくなっていたからだ。

ナギサって男を

ナギサって男を殺したい
謎めいていた咲夜ちゃんですが前世の記憶の一端が明らかになり、「ナギサって男を殺したい」とどうもナギサという男に恨みがあるかのようで。まあ見つけたことろで幼女に何ができるってわけではないが物騒なセリフからその男の関係が大変きになる。

お風呂

咲夜ちゃんとも仲良くなり、生まれ変わる前の名前を教えてもらいます。ひなたは彼女の人探しを手伝ってやると約束しかなり打ち解けた感じに。

ピカピカの一年生

卒園、そして小学生に
今巻のラストあたりで、ひなた達は卒園して小学生に。文夏ちゃん、千春ちゃんとは同じ制服なので同じ学校に通うようで。次巻から小学生編スタートで新キャラも出てくるので楽しみ。