4091250157

山本崇一朗『からかい上手の高木さん』1巻感想。『ふだつきのキョーコちゃん』の山本崇一朗先生が『月刊少年サンデー』の別冊付録「ゲッサンmini」上にて連載されている漫画。
主人公の男子中学生・西片くんは隣の席の女子・高木さんにいつもからかわれている。逆に高木さんをからかってやろうとする西片くんが、やっぱりからかわれてしまう日常が描かれているのだが、傍からは2人がイチャイチャしているようにしか見えないちょっと羨ましい青春ラブコメである。

高木さん

高木さんが「俺のこと好きなの?」と思わせぶりな態度からの「ただからかわれているだけ」と西片くんに思わせる絶妙な手際で手玉にとる。1巻表紙絵は相合傘の状況に恥ずかしがってタジタジになってしまう男の子と、その姿を見てクスッと笑う女の子のイラストで作品世界がよくあらわされるている。

好きだよ
秘密じゃないもん

私の秘密おしえてあげるよからの「私 西片のこと好きだよ」のセリフ。さらに「ウソに決まってるでしょー」と続き、そこからの「秘密じゃないもん」の流れに悶絶する。このシーンでは西片くん視点ではなく高木さん視点で描かれおり、ここだけ彼女の気持ちがモノローグで描かれている。前述の流れで破壊力バツグン。心がわしづかみされる。このシーンで完全にやられてしまった。作品と高木さんの虜になってしまう。

ファーストキスあげるよ

不意をつくようなセリフにドキッとさせられる。彼女のもつ小悪魔でいたずらっ子な可愛らしさと、好きだけど付き合ってはいない微妙な関係がたまらない。

4091250157
からかい上手の高木さん 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)