マンガMIX

コミックの紹介などするブログ

カテゴリ: 漫画感想

『終末のハーレム』3巻感想。3番目に目覚めた土井(ドジイ)くんメインの展開の続きからで、想い人のために頑なにメイティングを拒む怜人とは異なる展開に。自分は電子版で終末のハーレム読んでるんですが、前巻までとはカラーページが激増してます(電子版はメイティングシーンのみフルカラーになる仕様なので)。まあ要するにエロいシーンが多いってことですな。

続きを読む

『マザーグール』1巻感想。コミックアーススターの休刊により連載が中断してしまっていた菅原キク先生の『HOLY HOLY』がマザーグールと改題してコミックリュウのウェブ漫画サイトで連載再開された作品。

続きを読む

『亜人ちゃんは語りたい』公式アンソロジーコミックが発売決定(2017年3月発売予定)。ヤングマガジンサード2017年vol2号ではアンソロに収録される漫画3本と山本崇一朗先生のイラストが掲載されていました。
ことろで亜人ちゃんアニメ化記念とはいえ、103円(デミ円)で販売とは恐ろしい雑誌である。前に2号連続で400円くらいの特価になったことはあったけど103円は破格。ネットでも書店で買おうとしたら書店員さんが103円に困惑していたとかチラホラ。自分は電子版買ったけど、紙の方は亜人ちゃんクリアファイル付きなのでそっちの方がお得かな。

続きを読む

『なんでここに先生が!?』感想。ヤングマガジンに数回載った読切『ゴールデンタイムズ』と、タイトルを『なんでここに先生が!?』に改題して短期集中連載された蘇募ロウ先生によるちょっとエッチなハプニングコメディの単行本化。ヤンマガ掲載のエピソードに加えて描き下ろしが1話収録されています。

続きを読む

『咲いたコスモス コスモス咲いた』1巻感想。ヤンマガで『放課後ミンコフスキー』を描かれていた帯屋ミドリ先生の新作で、やわらかスピリッツにて連載中の作品。東大進学を目指す秀才のタムラくんと、彼と一緒に受験勉強するミシマさんとの受験勉強をテーマにしたコメディ漫画です。

続きを読む

『古見さんは、コミュ症です。』53話は名前呼びがテーマ。古見さんは、只野くんがなじみのことを「なじみ」と親しげに呼ぶ姿を見て自分も只野くんに名前で呼んでほしくなる。因みに古見さんの名前は硝子(しょうこ)、只野くんは仁人(ひとひと)って名前。只野くんって漢字での字面、特命係長みたいなんやね(笑)

続きを読む

終末のハーレム2巻感想。MKウイルスによってこの世の男性のほとんどが死滅した世界。細胞硬化症を患ってコールドスリープした5人の男以外は地上で活動できず、5人の内2番目に目覚めた医大生・水原怜人は人類滅亡を回避するため子孫を残すメイティング(種付け)をUW日本支部の担当官である周防から求められる。
しかし、幼馴染で想い人である絵里沙への思いからメイティングを拒否。医大生であった経験を活かしMKウイルスの特効薬を開発すべく動き出すというお話。
2巻の途中からは怜人の視点から、3番目に目覚めた男・土井(ドジイ)を中心とした話に移っていきます。

続きを読む

『だがしかし』ほたるさんが帰ってきた!前回124かしの最後で、久々に登場した枝垂ほたるさん。可愛いヒロインはほかにサヤ師がいるが、やっぱり彼女が出るとテンションが上がるというか作品の雰囲気がガラッと変わるね。最近は駄菓子ネタが尽き気味とは言え『だがしかし』は駄菓子の漫画なので、駄菓子を熱く語る彼女の存在は不可欠。

続きを読む

『ULTRAMAN』9巻感想。9巻ではニューヨークで事件に巻き込まれた日本人カメラマン「東光太郎(ヒガシコウタロウ)」を中心にアメリカ・NYを舞台に新展開に。光太郎は表紙イラストのイメージと名前から分かるように「ウルトラマンタロウ」をイメージしたキャラクター。

続きを読む

『ファイアパンチ』34話を読んだ。ベヘムドルグに薪として囚われていた人々を助けるも、死刑囚たちとの激しい戦いによりベヘムドルグに住む多くの人々の命を図らずも奪ってしまったアグニ。自責の念と彼を神と崇める人たちのために彼のとった行動はマジでアンパンマンみたいでヤバかった。

続きを読む

『終末のハーレム』は怜人視点が中心だったのが、第3の男ドジイくんが目覚めてからは彼中心の話になっています。これがちょっと鬱な展開の連続で、これまで期待していたセクシーなシーンが少なくなったというかほとんどない状態になってました。

続きを読む

『ちーこばすけっと!』1巻感想。イラストレーターの米白粕(こめしろ かす)先生がコミックキューンにて連載されている4コマ漫画でこれが米白先生の初単行本。ちーこばすけっと!はバスケットのタイトル通り、女子バスケットボール部を舞台にした作品でゆるふわな部活物です。

続きを読む

手品先輩は10話、20話と節目となる連載回数ではポロッとなったりとサービスな回でもあったりします。10話ではバニーガール、20話では催眠術にかかってしまった手品先輩が助手くんに弄ばれる回(色々されるのは21話ですが)、30話では串刺しマジックで服がビリビリに(単行本では29話)となっています。そして40話はスク水回。

続きを読む

『初恋ゾンビ』における江火野さんの最近の輝きがハンパない件。長身で太眉とあまり自分の好みなタイプのキャラクターではなかったので(胸の大きさは非常に魅力的ではありますが)、最初はそれほど可愛いと思ってはいなかった。
ですが、タロウから誕生日プレゼントとしてキーホルダーを送られた時に見せた普段の気の強い感じとは異なる乙女な表情にはグッと惹きつけられました。

続きを読む

駄菓子をテーマにしたコメディ『だがしかし』から、ほたるさんが去ってからというもの作中で描かれている冬と同じで読む側にとっても冬のような寂しさだった。彼女のハイテンションさと駄菓子への愛、可愛いくもセクシーな容姿が『だがしかし』という漫画をひっぱていて、その人気の要因にもなっていたので出てこなくなってからというもの改めて作品における存在の大きさを感じさせられましたね。

続きを読む

『校舎の天〈そら〉では悪魔が嗤っている』1巻感想。別冊フレンドで小山鹿梨子先生が連載されていた『校舎のうらには天使が埋められている』の続編で、eヤングマガジン連載のサスペンス。
校舎うらは現代の小学校でのいじめを題材としたサスペンス作品でしたが、新作の校舎の天は時代が昭和45年で舞台も孤島にある女子校なのが特徴。なので前作に登場したキャラクターは一切出てこないですが、蜂屋あいと同じ容姿のキャラ蜂屋安寿が前作のあいちゃんと同じようなポジションで出てきます。

続きを読む

『ダンベル何キロ持てる?』1巻感想。漫画原作者のサンドロビッチ・ヤバ子先生と、作画担当のMAAM先生とのコンビよる女子高生&筋肉のトレーニング漫画。ヤバ子先生の代表作『ケンガンアシュラ』と同じ裏サンデー及びマンガワンにて連載中の作品です。

続きを読む

↑このページのトップヘ