マンガMIX

コミックの紹介などするブログ

カテゴリ: 漫画感想

『ダンベル何キロ持てる?』1巻感想。漫画原作者のサンドロビッチ・ヤバ子先生と、作画担当のMAAM先生とのコンビよる女子高生&筋肉のトレーニング漫画。ヤバ子先生の代表作『ケンガンアシュラ』と同じ裏サンデー及びマンガワンにて連載中の作品です。

続きを読む

海月れおな『ポンコツンデレな幼馴染』1巻感想。貧乏姉妹を描いた『ぷあーなんてもうしまい』など描かれていた海月先生が、ニコニコ静画の別館月マガにて連載されているギャグ漫画。作品タイトル通りポンコツでツンデレな幼馴染を描いていいるんですが、このポンコツっぷりがまじヤバイ。

続きを読む

マウンテンプクイチ『球詠』1巻感想。まんがタイムきららフォワードにて連載されている女子野球漫画で主に百合マンガを描いてこられたマウンテンプクイチ先生による百合的な野球漫画です。ニコニコ静画で何話か掲載されていたので読んだら面白かった。

続きを読む

柚子森さん表紙

江島絵理『柚子森さん』1巻感想。柚子森さんは江島先生がツイッターにアップされていた作品をもとに連載化された作品で、ウェブ漫画サイトのやわらかスピリッツにて連載中のおねロリ漫画。江島先生はヤンマガサードにて女の子たちが殺しあうマンガ『少女決戦オルギア』を描かれていましたが、新作の柚子森さんは百合でほんわかした雰囲気となっています(JKの子が暴走寸前ではありますがw)。

続きを読む

『悪魔のメムメムちゃん』11話の感想。大家さんにお気に入りの服を洗濯されたら縮んでしまってすっかり意気消沈のメムメムちゃん。そこに魔界の衣装屋のドールさんが現れて悪玉菌のスーツを用立ててくれるも、こんな姿はいくらなんでもないでしょとショックを受けるメムメムちゃん(魔力でその者にピッタリの服を出すものなのでドールさんが選んだわけではないが)。そして大家さんの凄すぎる衣装を前にひれ伏してしまったメムメムちゃん。
11話はすっかり悪玉菌の姿に馴染んでしまったメムメムちゃんと先輩の使い魔との関係を描いたお話。

続きを読む

『ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件』の前編がジャンププラスにて公開されてるんですが、これが面白かった。ヤムチャといえばかませの代名詞的なキャラで、まあ「転生したらヤムチャだった件」ってタイトルだけで笑えてくるんですが。
ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件 | 少年ジャンプ+

続きを読む

つっつ先生の新連載『おむじょ!』がWEBコミックぜにょんにてウェブ連載スタート。第1話「いちごの秘密」が面白かったのでその雑感。まあ内容は作品タイトル通り。

続きを読む

『さよならジュリエッタ』2巻感想。アメシマヅとの戦いで親友であったコゼットを失ったジュリエッタ。戦鬼への復讐を心に誓う彼女はミクリヤ戦闘団に入団、メリルローダー率いる第3小隊の一員となる。
2巻では翔姫艤体訓練と、戦鬼75鬼を撃墜したジュリエッタの変身体のエピソードを中心に描かれています。

続きを読む

ネットで話題になってたパロディ満載の麻雀漫画『3年B組一八先生』が、キンマwebにて1日1話24時間限定で公開されたので読んでみました。ウシジマくんそっくりなキャラがゲストキャラで出てきたり、ハンターハンターの会長みたいな顔になったりするシーンなど、ネットで取り上げられてるのをよく見かけてたんで以前から気になっていたんですが本編読むのはこれが初めて。単行本化されていなので。

続きを読む

ニッパー擬人化キャラ漫画『究極!ニパ子ちゃん』に最近出てきた新キャラのラジ子が可愛い件。
ニパ子ってキャラは工具メーカーゴッドハンドのイメージキャラとして出てきてちょっと経ったぐらいからまあ割りと自分の中では好きなキャラになったんだけど、最近スタートしたコミック版『ニパ子』に出てきた「ラジ子」のヒロイン力にやられちゃってます。

続きを読む

『つくろぐ。』1巻感想。『ぼっち日和。。』の今村朝希先生の新作で、コミックキューンで連載されている女子高生3人のDIYコメディ。3人の女子高生がそれぞれの趣味である園芸、日曜大工、お菓子と自分たちの得意なことを活かして生活するハンドメイドな4コマ漫画です。

続きを読む

「姉ログ」の田口ケンジ先生の新作『汚物は消毒です』が、ウェブ漫画サイトのサンデーうぇぶりで連載開始されたので読んでみた。これはその感想。
サンデーうぇぶりでの紹介文は「掃除好きの女子高生、ましろと、ズボラな男子高校生、司。真逆な性格の二人が掃除を通じて、互いを知り、距離を縮めていく…」お掃除ラブコメとのことですが…

続きを読む

『北陸とらいあんぐる』1巻感想。ちさこ先生がコミックフラッパーで連載されている北陸ネタ満載の学園コメディです。
ちさこ先生は「ダークチェリーと少女A」「わがままミルフィーユ」といった主に百合系の漫画で活躍されている方で、ご自身も石川県金沢市出身とのこと。

続きを読む

文句の付けようがないラブコメ表紙

『文句の付けようがないラブコメ』1巻感想。同名のライトノベルのコミック版で、原作小説のイラスト担当である肋兵器先生によって漫画化されとなりのヤングジャンプで連載中。
この作品は単なるコミカライズかと思ってたんですが、そうではなく原作の鈴木大輔先生が漫画用にシナリオを書き下ろされており、原作とはちょっと異なる設定だったりストーリー展開も違うらしいです。自分は原作小説を読んでいないので比較しようがないですが面白い試みだなと。

続きを読む

『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』1巻感想。新島秋一先生が自身のツイッターでアップされた4コマが話題になり、その後チャンピオンクロスにてウェブ連載がスタートした4コマ漫画。
博多から東京に引っ越してきた福岡育ちの博多弁少女「博多乃どん子」が主人公で、福岡あるあるネタが満載された内容。

続きを読む

『淫らな青ちゃんは勉強ができない』2巻感想。官能小説家の父にアオカンを由来とする青と名付けられ、偏った性知識を教えられて育った少女の妄想ラブコメディの2巻。1巻の終盤で幼なじみの肉食系女子・雅ちゃんと木嶋くんがラブホ前でキス、そしてラブホの中に入っていく姿を目撃してしまった青ちゃん。

続きを読む

↑このページのトップヘ