B00WHITA7W

「三ツ星カラーズ」1巻の感想。月刊コミック電撃大王でカツヲ先生が連載されている作品で、帯には「生意気で憎らしくて あ~かわいい 平和な上野の平和を守るのは我らがカラーズ!」の紹介文。カツヲ先生は電撃だいおうじで4コマ『ひとりぼっちの○○生活』も描かれている漫画家さん。
ネットでは、ばらスィー先生の『苺ましまろ』と比較されることが多いみたいですが自分は苺ましまろをあんまり読んだことないんで、はっきりした比較はできないんですが可愛らしい小学生女子の日常というところが共通点みたいです。

かわいい女子小学生3人による日常系

作者は4コマ漫画「ひとりぼっちの○○生活」をだいおうじにて描かれているカツヲ先生。ぼっちは人見知りの女子中学生が友達をつくろうと奮闘するコメディですが、三ツ星カラーズは元気いっぱいな小学生3人娘による日常コメディです。

上野の街を守るため日々活動する「カラーズ」による騒動が可愛らしく描かれていて女子小学生3人娘がとってもキュート。衣装も毎回変わってファッションも見どころ。カラーズは「結衣」「さっちゃん」「琴葉」の3人よって構成された組織。

結衣
カラーズのリーダー。泣き虫でカラーズの中ではまともらしい。威厳がなくて髭をつけて話し方を変えてみるシーンが微笑ましくて可愛かった。

さっちゃん
アメ横の青果店の子供。私超カワイイとかいってみたりバカみたいにポジティブなキャラ。よく「うんこ」って叫んでいる。

琴葉
ゲーム好きでいつも携帯ゲーム機でピコピコやっている。少し危ない発想をすることがあり、さっちゃんを踏んだりすることも。

このほか脇キャラとして警察官の「斉藤」、アメ横の雑貨店の「おやじ」、女子高生の「ののか」、猫の「モノクロ大佐」なども出てきていい味だしてます。チューチューカブリラはきもかったw

ひとりぼっちの○○生活が好きだったので読んだが面白くて良かったです。ひとりぼっちともども今後が楽しみな作品ですね。